老人性イボの原因は?どうしたら出来るの?

老人性イボは老化現象の一つと言われれば黙ってしまわざるを得ないですよね。
でも、きちんと原因を知ることで、その先の対策、予防も見つかるかもしれません。

ここでは、老人性イボの原因と、それを気付くための症状をご紹介していきます。

老人性イボの原因と簡単に言ってしまうと、それは紫外線です。
紫外線を浴びることで、皮膚の一番上の表皮でメラニン色素が作られます。

それと同時に行われるのが、真皮にまで紫外線が入ってこないようにとブロック活動です。
メラニンはターンオーバーによって皮膚の表面に押し上げられて、角質と共に老廃物として排出されるものです。

ですが、加齢によってお肌の生まれ変わりの力が弱まったり、長年紫外線を浴びてきた結果、排出しきれないメラニンが、少しずつ溜まっていくとシミとなる訳です。
そのシミを老人性色素斑と呼びます。

まさにこの老人性色素斑と同じメカニズムで出来るのが老人性イボとなります。

また、長年に渡って紫外線を受けてダメージを受けて起こる光老化というものも原因の一つとされています。
この光老化とは何か?

光老化になると皮膚がゴワゴワと厚くなってきて、色も濃くなりシミやシワが出来てきます。
老人性イボのように角質が厚くなって盛り上がっていくのも、この光老化の過程で起こることが分かっています。

冒頭で老人性イボは老化現象と申しましたが、実際、何歳から老人性イボが出来てしまうのでしょうか?
数字的に見ると、60代で80%の方が老人性イボがあらわれます。
80代ではナント!100%に老人性イボが発生!

しかも、若い頃から紫外線対策をしていないと、40代~50代頃から出来始めることも・・・。
また、遺伝的な要因も関係しているようで、20代~30代の若い方のお肌にも出現してしまうこともあります。

老人性イボに気付くのには、まず老人性イボの症状を知らなくてはなりませんよね。
まず、入り口はシミのような感じで、色も肌色ですし気付かない方が多いと思います。

進んでいくと表面がザラザラになってきて、色も茶褐色になり、次第に盛り上がってきて、ここで初めて気付く方が多いようです。

老人性イボの特徴として、痛みも痒みもないので気付きにくいという点があります。
ですから、上述しましたように、肌の触れてみてザラザラした肌触り、凸凹している肌触りがあり、茶褐色のシミかな?というところで初めて気付くパターンが多いようです。

ですから、かなり隠れ老人性イボがある方も多いと思いますよ。

この老人性イボ、厄介なことに顔以外にも体全体に出来てしまうのです。
知らずにいると年々大きくなっておき、色も変化して、数も増えてしまいます。

老人性イボになって改めて若い頃のスキンケアの大切さを実感しているかもしれませんね。
若い頃は逆に日焼けすることがステイタスとされてきました。
それでいいと思っていたのです。

年を重ねると後悔することも多いと思います。
ああすればよかった、こうすればよかったと、時すでに遅しですよね。

ですが、老人性イボが出来てしまってからも、ケア次第では改善していく方法もありますので、諦めないでいましょう。

SNSでもご購読できます。