老人性イボはただの名称!30代でも老人性イボと呼ばれる理由とは!?

老人性イボはお肌の老化に伴って発生します。
肌が老化 = 老人
と思われがちですが、この図式は間違っています。

肌が老化するのは何も50代、60代だけじゃないんです。
20代、30代でもお肌は老化します!

老人性イボの主な原因は紫外線です。
20代、30代だからと平気で紫外線を浴びすぎると、平気で肌は老化してしまいます。

老化 = 50代以降
という訳ではないんですね。

ですから、若い頃からの紫外線対策はとても大事です。
30代でも老人性イボと呼ばれるのって心外ではないですか?

お医者さんなどは、30代の方に老人性イボが認められた時には、脂漏性角化症と呼び名を変えているようです。

数次的に見ると、老人性イボは60代では80%。
80代ではほぼ100%という数字が出ています。
だからと言って、若い内に怠けてるとその分後で返ってきます。

老人性イボの主な原因は紫外線だと述べてきました。
紫外線を浴びることで、皮膚の一番上の表皮で作られるメラニン色素が、その下の真皮にまで紫外線が入ってこないようにとブロックします。

このメラニンは肌の生まれ変わりによって皮膚の表面に押し上げられて、角質と共に老廃物として外に出されます。

それが正常なメラニン色素の役割です。
でも、そこに加齢が加わって、お肌の新陳代謝が衰えたり、長年の紫外線の影響を受けて、上手く外に出されなくなるとメラニンが少しずつ溜まって行ってしまうのです。
そこで突起してしまうのがイボという訳ですね。

ポツポツが盛り上がってきたり、表面がザラザラしてきたら、立派な老人性イボです。

老人性イボはそのまま放置していても、悪性に変わることはありませんので、それでもいいのです。
ですが、20代、30代で出来てしまった場合、やはり、見た目が気になりませんか?

そういう方々にはどんなイボの取り方があるのでしょうか?
まず、病院での治療ですと・・・。

〇液体窒素
-196℃の液体窒素を患部に押し当てて、低温火傷で焼きる方法です。
数日するとかさぶたとなります。
ですから、顔には使えません。

保険が適用されますので、費用的には抑えられますが、痛みがあること、何回か通院しなければならないことは覚えておいてください。

〇レーザー治療
患部に当てるレーザーを調節することが可能ですので、根本治療が出来ます。
ですから顔にも使えます。

ただ、保険が効かないので費用は高めですが、麻酔をしますので痛みは感じません。

液体窒素でもレーザーでも、やはり病院ですから、割と早くイボケアが出来るようですが、両極端な方法ですよね。
では、自宅で出来る老人性イボの取り方と言いますと・・・。

〇内服薬
イボに効くとされるヨクイニン配合。
ただ、漢方薬ですので完治には時間がかかります。

〇市販薬
イボコロリなどが有名ですね。
液体タイプ、絆創膏タイプ、内服薬があります。

〇化粧品
市販薬では使えなかった顔、目元、首元にも使えるクリームやジェルなどの化粧品が販売されています。

老人性イボに年齢は関係ないと、冒頭でお話ししてきました。
もし、老人性イボが出来てしまっても、今は色々な選択肢があります。

それらに頼ることも全然アリですが、一番に申し上げたいのは、若いうちからの紫外線対策は徹底することの重要性を学んでほしいということです。

SNSでもご購読できます。