老人性イボには艶つや習慣がお勧めなのはなぜ?

老人性イボにはどんな治療法があるか?
その答えは、病院でのレーザー治療、液体窒素。
自宅での内服薬、市販薬。
これが正解です。

ですが、もう一つ選択肢を増やしてほしいのです。
自宅で自分で簡単に老人性イボをケアするオールインワンジェルという選択肢。

それこそが艶つや習慣。
老人性イボにお悩みで、イマイチ治療法に納得いっていない人にこそ使っていただきたいものです。

艶つや習慣を簡単に説明しますと、杏子エキスとハトムギエキスのWエースがイボに特化して、改善していくというジェルなんです。
ただの角質ケアが出来るだけのジェルではありません。

なめらか、うるおい、ハリ、キメ、しなやか。
お肌に必要な要素を全て叶えてくれる、これ1個でスキンケアが出来る、新しいカタチのオールインワンジェルなんです。

つまり、
角質ケア + スキンケア = 全部任せて!
というジェルになっているのです。

どうして老人性イボが出来てしまうのか?
艶つや習慣の成分や効能を説明する前に、参考になりますので、老人性イボが出来てしまう経緯を簡単におさらいします。

肌の中で生成されたメラニンは、本来なら肌の新陳代謝機能の周期に合わせて、肌の表面に押し出される形で外に排除されます。

ですが、加齢と共に、肌の新陳代謝機能は衰えていき、排除できなかったメラニンが残ってしまうのです。
そのメラニンが蓄積していき、シミとなったり、老人性イボとして発生しまうのが、老人性イボの経緯です。

そんな老人性イボに何故ここまで強く艶つや習慣をお勧めするのかと言いますと、艶つや習慣の成分がハンパじゃないからなんです。

まずは杏子エキス。
杏子エキスにはパルミトレイン酸がたくさん含まれています。

このパルミトレイン酸が肌の生まれ変わりを助けて、皮膚の老化を防いでくれる役目をしてくれるのです。
別名「若さの脂肪酸」とも呼ばれていて、昨今の美容成分には欠かせない存在となっています。

もう一つのハトムギエキスですが、ハトムギエキスは古くからイボ取りとして使われてきた歴史あるものです。

効能としては、肌の新陳代謝をUPして、美白やエイジングケアにも良い働きをしてくれます。

また、ハトムギエキスにはヨクイニンという、病院などでもイボケアに処方する薬にも使われる成分を取り入れています。
このヨクイニンは、肌の新陳代謝を促して、抗炎症作用をもたらし、皮膚の生まれ変わりを正常にしてくれるのです。

その他にも、艶つや習慣はこれでもか!というくらい、贅沢な成分を配合しています。

メラニンの抑制や肌の再生を助けてくれるプラセンタエキス。
保湿効果が抜群のアロエベラ。
お肌に保湿を与えるヒアルロン酸。

これらの成分が杏子エキス、ハトムギエキスと共にお肌にいいことをしてくれる訳ですね。

艶つや習慣が選ばれる理由は、その成分だけではありません。
顔や首などデリケートな部分を始め、体中どこにでも使える点。
これって、あったようで実は今までなかったのです。

また、艶つや習慣は長く使い続けて効果を実感するものですから、それを鑑みてみるとコスパが良い点も艶つや習慣のメリットです。

毎日お使いいただきたいので、面倒臭い方には艶つや習慣1個で、簡単に角質ケア、スキンケアが出来る点も魅力的ですよね。

新しいイボケアのカタチを、是非体験してみてはいかがでしょうか?

⇒艶つや習慣の公式サイトはこちら

SNSでもご購読できます。