ポツポツ対策に知らなきゃ損!オイルの意外な使い方!

老人性イボを治療するにはどんな方法があるのでしょうか?
病院ではレーザー治療、液体窒素治療があります。
病院以外では内服薬や市販薬、化粧品などがあります。

ここでは上記のどれにも当てはまらない、オイルで老人性イボをケアしていくという方法をお話ししていきます。

老人性イボにいいとされているオイルには、オリーブオイルと杏仁オイルがあります。
どちらかというと杏仁オイルの方が効果があった!
との声が多かったので、杏子オイルについて紐解いていきましょう。

杏仁オイルは杏子の種子の中にある仁を、低温圧搾してとられたオイルのことを言います。
その成分の中にパルミトレイン酸という成分が入っているのですが、このパルミトレイン酸がスゴイんです!

パルミトレイン酸は別名「若さの脂肪酸」と呼ばれていて、若い人のお肌にはたくさんたくさん含まれています。
そのパルミトレイン酸が不足することで老化肌になってしまうことは、当然の摂理ですが・・・老化肌なんて嫌ですよね。

そこで逆転の発想です。
パルミトレイン酸が不足すると老化肌になってしまうのなら、パルミトレイン酸を補えばいいじゃない!
そこを上手く利用して杏仁オイルは作られました。

杏仁オイルにはパルミトレイン酸の他にも、嬉しい成分がたっぷり配合されています。

オレイン酸・・・過酸化皮脂を防いで皮膚を柔らかくする

リノール酸・・・美白効果アリ。皮膚の乾燥や老化を予防します。

ステアリン酸・・・抗酸化作用と同時に補油効果アリ。アンチエイジングに最適です。

パルミチン酸・・・紫外線から肌を保護して、加齢による肌トラブルを避けることが出来ます。

これだけ贅沢な成分が入っているなら、きっと老人性イボにもいいんじゃない。
単純にそう思います。

杏仁オイルには実は肌荒れを改善、シミ、ソバカスの改善、紫外線予防という、お肌の悩みすべてにマルチで特化していくオイルとして注目されてきています。

その中でも実は杏仁オイルが一番推している、最大の効能がイボ取りなんです!
これは見逃せません。
中でも老人性イボに、特に効果的だったという声も多いのです。

そんな杏仁オイルの効能は・・・。

加齢で新陳代謝が弱って、老廃物が蓄積していくと、いわゆる老人性イボが出来てしまいます。

その老人性イボを杏仁オイルでマッサージすること。
ただそれだけで、血の流れを良くして、皮膚の新陳代謝を促進してくれます。

オイルの有効成分がイボに浸透してくと、イボが変形してきたり、変色してきたりします。
それが合図です。

その過程を経てやがては根元からポロリ・・・とイボが取れる。
又はイボが小さくなります。

こんな優秀なオイル、使わない手はないですよね。
痛い思いはしたくない。
再発しないようにしたい。

そう思ったら杏仁オイルを試してみて下さい。
特に、小さなたくさんのイボが広範囲に出来てしまってお悩みの方には、この杏仁オイルはおススメです。

イボ治療の常識が変わってきているのを実感しています。
皆さんにはいくつかの選択肢の中から、老人性イボの治療をすることが出来る時代になったのです。

SNSでもご購読できます。